fbpx ソルト派?シュガー派?知ると役立つ、ボディスクラブ選びのコツ - IKIIKI OIL CAREIKIIKI OIL CARE
ソルト派?シュガー派?知ると役立つ、ボディスクラブ選びのコツ
COLUMN2021.06.06

ソルト派?シュガー派?知ると役立つ、ボディスクラブ選びのコツ

スクラブは、ツルスベ肌を作ってくれるボディケアの人気アイテム。どう選ぶか?どう使うか?そのコツをお教えします!


ザラつきや古い角質を除去し、肌をすべすべにする「ボディスクラブ」。ソルトやシュガー、さらにクリームタイプやジェルタイプまで、選ぶのが迷いそうなくらい商品の種類がたくさん存在するので、自分に合ったもの見つけ出すのはなかなか難しいですよね。ここではボディスクラブについての基本知識や、選ぶときのコツを紹介します。

ボディスクラブ選びは、「スクラブ剤」と「ベース」をわけて考えるべし

ボディスクラブは、つぶつぶの部分、いわゆる「スクラブ剤」と呼ばれているところと、そのスクラブ剤を混ぜこむ生地、私たちは「ベース」と呼ぶ二つの部分に分けられます。

ボディスクラブを選ぶ時は、この二つの部分を分けて考えるとわかりやすいです。

スクラブ剤は細かい粒子で、古い角質や、汚れを除去するするためのもの。物理的に磨き落とすので、無理なくお手入れするためには、かかどや、ヒップなど、磨くパーツの肌の硬さで選ぶことが重要です。

ボディスクラブはスクラブ剤とベースの組み合わせで種類が多彩

一方、ベースは、スクラブ剤が肌を傷めないためのクッション効果を果たしたり、または美容成分を配合することが多いので、スキンケアや、保湿効果が期待できます。滑りや良く、マッサージが可能なものは、血行が良くなり、むくみの解消にもつながります。

「スクラブ剤」の主流は、ソルト派かシュガー派

スクラブ剤として使われるものは様々で、あずき、コーヒーなど植物の種や皮を原料にしたものから合成のものまでありますが、もっともポピュラーで、使いやすいのはお塩からできたソルトスクラブと、お砂糖のシュガースクラブの二種類です。それぞれの特徴を紹介します:

ソルトスクラブ

名前の通り原材料が「塩」です。ボディスクラブと聞くと、多くの方が想像するのがソルトスクラブでしょう。ソルトスクラブの特徴は、塩の粒子が大きくしっかりしていることです。

粒が大きめのソルトスクラブ

大きめの粒子で優しく擦ることで、お肌の古くなった角質を取り除いてくれます。特に、かかとや膝、肘などの角質がたまってガサガサしやすい部分に効果的です。ミネラルが多く含まれることで引き締めと発汗効果も期待できるので、さっぱりしたい人にオススメです。

シュガースクラブ

原材料に「砂糖」を使用しています。砂糖の粒子は塩よりも細かく柔らかいため、お肌への負担が少ないのが特徴です。ソルトスクラブでは「刺激が強すぎる」「肌がしみる」と感じている方におすすめします。

IKIIKI OIL CAREのシュガースクラブ保湿効果が高い

また、砂糖には保湿効果や荒れたお肌を補正する効果が期待できるといわれているので、「ボディスクラブを使用したら肌が乾燥してしまった」という方は、シュガースクラブを試してみると良いでしょう。

スクラブ剤を効果的に選ぶには、その時のお肌の状態を見ることが最も重要です。お肌がカサカサと荒れているときに、引き締めを目指してソルトスクラブを使っても、使い心地が悪く感じられるかもしれません。お肌が乾燥・荒れ気味のときは保湿効果の高いシュガースクラブを。コンディションが良く、引き締めや発汗などの効果、または粗めの粒子である程度の刺激が欲しい方はソルトスクラブを。お肌を良く観察し、コンディションに合わせたスクラブを選びましょう。

「ベース」選びは、保湿力が大切な基準となる

続いて、スクラブ剤を混ぜこむ生地、「ベース」も、さっぱり仕上がるジェルタイプから、しっとりするクリームやオイルタイプなど種類が多彩多様で、基本的には、ジェル→クリーム→オイル→バターの順番に保湿力が上がっていきます。

スクラブの特性上、古い角質を取り去った後、お肌はとてもデリケートで乾燥しやすい状態になります。スクラブ選びの段階から保湿力の高いベースを選ぶようにするか、アフターケアで乳液やボディクリームを使ってしっかり保湿するようにしましょう。

より良い体験を作る「香り」も重要なファクター

スクラブに限らず、ボディケアはいい香りのものを選びたいですよね。心地よい香りで嗅覚を刺激することによって、リラックス効果やリフレッシュ感が得られるなど、身体の内側への効果も期待できます。

ボディスクラブの香りは、合成香料と天然精油の二つの系統に分けられます。合成香料は人工的に作られるものですが、その分香りが強く長続きしやすいので、好みの香りであれば、香水替わりに使うことも可能です。

天然精油のみで香りをつけるスクラブは比較的に珍しく、高価の場合もあるですが、アロマセラピーの癒し効果が期待できるので、深く癒されたい時や、ストレス解消を目指したい時は天然精油を選ばれることがおすすめです。香りの持続は香料と比べて弱めで、揮発も早いですが、その分好きな香水と香り混じらずに楽しめます。

IKIIKI OIL CAREのシュガー×バタースクラブ

IKIIKI OIL CAREのボディスクラブは、スクラブ剤として100%オーガニックシュガー、そしてベースとして三種類の植物バターを配合しています。

オーガニックシュガー×植物バターのボディスクラブ「BRAND NEW ME」

肌あたりが優しいマイルドな磨きで、とにかく保湿性を重視して作られた、敏感肌の方にも使えるボディスクラブです。使っていくうちに溶けてオイルになるので、角質ケアと一緒にオイルマッサージも一緒にできる優れモノ。

特別にブレンドされた100%天然精油の香りが三種類ラインナップしているので、香りで選ぶもの楽しみの一つ。ぜひ一度お試しください♪

商品の詳細はこちら